元カレ

ややコンプレックスだったりするんだけど、
結婚するまで、私は本当に寂しい寂しいのかたまりのような状態で、

いっつも誰か、「彼氏」を探していたような気がする。

男が途切れなかった、ってことじゃないです。


一番初めに付き合った人と、
会うのが難しい時期もあったけど
私が結婚した今も、ほんとに時々会うことがある。

おかしな話だけど、彼とともに出会った仲間たちと今でも仲が良いから、
途切れ途切れだけれど、集まって飲んだりしているから。

その仲間たちと会う段取りをしたりするときも、
まったく関係ない私事で相談をしたりするときも、
私は彼をとっても信頼していて、尊敬していたりする。

絶対にある一定の距離を彼が保っていることと、
必ず返事をくれること。
連絡はメールだから、メールには必ず返事をくれるということなんだけど。

年末に、その仲間で軽く集まれることになって、元カレとも、またもや再会。
そんなにドラマチックなことじゃないんだけどね、ね。

仲間うちで、私と彼が付き合っていたことを知っている人は、
一人だけ、だと思ってたのだけど・・・。

↑この人とは違う友達と、
先日の久々の飲み会の段取りをしている中で、それから飲みの席で、
んんんん?この人、もしかして何か知ってるの?なんて感じる出来事があった。

もう16年も前のことだから、いい加減、時効なのかもしれないけど、
私がその元カレを傷つけたことは今でも多少心苦しかったりして、

それなのに、しょーじきに申し上げると、
どっかで、私自身が「そういう存在」だったということをちらつかせたいような気持ちが
不意に沸いてきたりする。

あーいけないいけない。

でも、じゃあ、まったくよそよそしくしっぱなし、っていうのも難しい。

うううううーん。


元カレ、の、性格なのかもしれないけど、
仲間と集っているときに、いい表情がなかなか見られなくて、
少し残念というか、がっかりというか、心配というか、

いまさら私が言うのもほんとうに筋違いなんだけど、
とても賢くて、優しくて、誠実な人で、
いいところ一杯なんだから、
もう少し自信を持っていい顔で、いい男でいていいはずなのに。

ぜひとも、いい男でいてもらいたいなあと

無責任で勝手なことを、心の中で思ってしまった。

って、これが「結婚します」って聞いたら、
また勝手に寂しさを感じるんだろうなあ。
あらあら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)