« 授乳の傷に | トップページ | 解放された感情 »

お医者さんとホメオパシーと

☆ホメオパシーについては 詳しくは検索して 専門のホームページを参照してくださいね☆

このところの強烈な体調不良、セルフケアの範疇はとうに超えていたように感じる。

いまさら、って感じだけれど、久しぶりに真面目に病院に行った。

そして久しぶりに病院で処方された薬を飲んでいる。

産後、ホメオパシーに出会ってから、これは素晴らしいと飛びついた。

頻繁に起きる体調不良に、そのたびに薬を飲むのは不安だったし、

そのたびに診察受けたり、遠くまで薬局に出かけたりが大変だったし。

子育てを始めたばかりの頃、私は「母乳で育てないと、子供は健康に育たないし幸せにもなれない」くらいの勢いでものすごく思いつめていた出発点が、実は、ある(くすん)。

たびたび書いているけど、体力とか疲れやすいとか丈夫かとか、とにかく健康にコンプレックスがあるし、

自分自身の精神的というか性格的なものも、すごく考えて思いつめて、これじゃダメだ~というところにいつも行き着いてしまうパターンがある。

ホメオパシーは精神的なものにもアプローチできて、自分が気づかずに押さえ込んだのを解放するきっかけになる、という点に本当にひかれた、、、、というより、望みを託した、という感じがある。

でもだんだんそれが、母乳の時の感覚に近い、強迫観念にもなっていたのかなあと思う。

症状を押さえ込んだら、「ダメ」 

症状はありがたいもの、気づくためにあるもの、

感情を抑えることでもさまざまに体に影響が出る、

本来の自分で生きる・・・・・・

自然療法なんかとともに、セルフケアのツールはたくさんあったほうがいい、という程度の思いだったのに、

本を読むにつれ、いろんな掲示板やブログをのぞくにつれ、

どんどん視野が狭くなっていったのかもしれない。

決して薬を飲んだらいけないなんていわれたこともないし、書いてもいないけど、

自分がそう思い込み始めていたように感じる。

書き込みや、ホメオパシーの周辺に漂う雰囲気が、そう思わせた、っていうのもあるのかなあ。

西洋医学で症状を押さえ込むと、全て悪い方向に行ってしまうような、そんなイメージ。

極端に言うと、西洋医学=よくない くらいのイメージを、いつの間にか膨らましていたのかもしれない。

今までにホメオパシーがヒットした経験もあるし、確かにかつて封じ込めた感情が解放されたこともある。

でも私が持っているのは、「キット」で、専門のホメオパスにかかったのは一度だけ、

最近はかかりつけ?みたいなホメオパスの人はいなかった。

よく、販売元に電話で尋ねていた。

このたびの体調不良は、咳が相当激しく苦しく、かつ長引き、

電話でいろいろ聞いても、キットで対応できる範囲は実際超えた部分もあった。

でも何とか咳は収まり、

すると次は胃痛。頭痛。歯痛。

胃痛も一週間は何とかケアできないかと頑固さんな私だったが、

痛みが続き、家族への負担も増え、気分も暗く、何より、先の見通しが立たなく、

日常生活に差し支えまくりの状態になってしまった。。。

とあるホメオパシー関係の掲示板に、最近、まるで論客のような、ホメオパシーを快く思っていない方々の書き込みを目にする。

初めはただの掲示板のアラシかと思っていたのが、

冷静に読むと、視野が狭くなっていたり、選択肢にゆとりがなくなっている場合に陥りがちな点を指摘している書き込みもあった。

ただ、冷静に読む努力をしないと、かちんとくる感情に飲み込まれたり、

すべてを否定にかかっているわけ?と感じられることは否めないため、

議論も的を得ているよう点もあるけれど、巧妙に論点をすりかえられた書き込みには、「それは違う」といいたいけれど議論として反論できないような気にさせられる。

そんな書き込みの中に、はっとするようなものがあり、今回はそういうタイミングはラッキーだったかなあと思う。

ホメオパシーは、難しいし、今の科学では皆が納得できるような説明をするのも難しいところもあるように思う。

難しくないよ、「こんな症状に効く」ということだけ見ていけばいいよ、と説明されたこともあるんだけど。

効くのが何よりの証拠、と感じるところもあるが、

一人で本を頼りに、掲示板を頼りに、というのは、片手おちになりやすいかもなあと思った。

いろいろとセミナーとか開催されてるし、ホメオパスに尋ねなきゃ分かるはずもない使い方もあるし、

なんでしょう、よく父が、「一人で我流で座禅に取り組み続けるのは”野弧禅”に陥りやすいから、道場にかようのは必要」というようなことを言っていた。

「野弧禅とは 座禅」でググってみたら、「自ら悟ったと言いふらすような人のこと」という一文に出会った。

あれ、書いているうちにちょっと違うような気もしてきたが、

その、分かった風な状態に陥りやすく危険、という感じが似てるかなと感じたのである。

歯医者にいき治療を受け薬をもらい、

胃腸科にいってレントゲン、胃カメラ、超音波といろいろ調べてもらった。

薬を飲もうと決めるまでに、例の強迫観念をものすごく感じたのである。

私はそんなに大きな病気はしてこなかったけれども、

予防接種もしたし、肺炎にかかったときは抗生物質飲んで直したし、

風邪もしょっちゅう引いて薬も処方され、婦人科系でもいろいろ薬を処方された。

添加物もたくさん取ったし、いっぱい精神的にも傷ついたし無理もしたし抑圧もした。

ついでに言えば、バリバリのミルク育ちだ。

程度や自覚の違いこそあれ、皆人生サバイバーで生きているんだから、多くの人がそうなのだ。皆がんばっているのだ。

そして今こうしてまがいなりにも生きている。

さまざまなことを感じて、生きている。

まともかどうかは、人によって感じ方は違うけど、幸せに生きているって感じる。

「薬で抑えちゃダメ」「抑圧したらひどいことになる」の一点張りで薬を拒絶してたら、今の私の存在ったらどうなの?ってことになってしまうよね、って。

あったりまえのことなんだけど、自分が今日、ここにこうして生きているということに

感謝しつつ、へんな言い方だけど安心して自信を持ってもいいかなあと思ったのである。

そして、「自然に」「自分の治癒力で」「自然治癒力で」という、ことに対して、

以前、新聞に掲載されていた記事を思い出す。

「自然なお産をというけれど・・・」というようなヤツで、

とにかく自然なお産を望む人は多いけど、では、いったいどれだけの人が昔ながらの生活・環境で生活しているのか。今の、これだけ不自然な世界で不自然な、昔ながらの暮らしとは程遠いような暮らしをしている人が、いきなりお産だけ「自分の本能」だとか「自分の力で」とか「自然に」といっても、難しい部分はやはりあるのだと思う・・・・

というような内容。

(相当昔で、何も調べずに記憶だけを頼りに書いているので異なる部分もあろうかとは思うが)

病気を治す、ということについても、

今まで西洋医学をベースにした医療で病気をケアして生きてきたものを、

どれほど副作用がなくすばらしい療法だといっても、

今までのやり方を一切なしにするのは、そりゃ難しいだろう、ということになるんだ後思ったのである。

書いてたら至極当然のような気がしてきた。

なんか今日の日記はざんげに近いか・・・

あの論客の皆さんのように、ホメオパシーを全面否定しようとは思わない。

できればやっぱり自分自身にもともと備わった生命力なんていうものを信じてみたい。

だけど、しみじみ思った。

ホメオパスにかかるのってやはり安くはない。

私にとっては、ぱぱっと困ったときにすぐにかかれるものではなかった。

そして分からないなりに何とかしようなんてしているうちに長引く・・・疲れる・・・もっとひどくなる・・・

自分の今の症状が出ている状態が俗に言う好転反応なのかも分からない。

痛みや、罪悪感を感じながら過ごしたり、抗生物質など薬で楽になることを悪と思う必要は、ある分けなかったのに。

どこでこんな袋小路に入っちゃったのかなあ。

とても危険な自分の一面を見てしまった思いで一杯である。

どうだろう。

キットを販売する際に、セミナー受講を義務付けて販売とか。

セルフでやるには、やっぱり難しいなあ。

精神なことでは相変わらずレメディでどどーんと波が来たりする。

レメディ+話を聞きあう=どどーん、なのかも知れないけれど。

フツーに考えれば、今回の場合はもっと早いうちに病院いけよ~って感じだろうなあ。

そこの見極めなんだろうな。

あとは、「得意分野」で使うってことかな。

都内の医大付属系の医療機関に、さまざまな代替・補完医療を取り入れた施設があるそうだけれど、そこでは西洋医学を修めて国家資格としてお医者さんである人に診察・相談ができるらしい。

そういう施設が増えてほしいなあと思うけれど、やはり費用は保険適用外となり、お高い。

は~~。

セルフといえば、自然療法のコンニャクを使った肝腎脾臓の手当て、効いた~。

これはてきめんだった。

激痛だった胃痛が、手当てを堺に、格段に痛みが緩くなったもの~。

効く効かない以前に、気持ちいいし・・・ぽかぽかして。

息子も大好きな手当て。

しかしこれも。

「いかん」と思ったらやっぱびしっと西洋医学のお医者さんに、

現代に生きる人は行く必要があるように思った今回の出来事。

慢心していたところもあるかも~(はあ)

アロマテラピーとかフラワーレメディとか、自然療法の家でできる手当てとか、ホメオパシーとか。

体の下地作り、日常のメンテナンス的な使い方にはイリョク発揮なのかなあ。

とにかく今回は考えさせられた。

|

« 授乳の傷に | トップページ | 解放された感情 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ろーずばどさん、こんばんは。
とても読み応えのある日記を読ませていただいて、その後たまたまセラピストさんのブログにホメオパシーのことが書かれていたのがきっかけで、初めて「ホメオパシー」についてネットで調べてみました。フラワーレメディーとは、全く違うものなのですね。
ろーずばどさんの日記に書かれていたことが、いろいろと分かってきました。
使いこなすのがとても難しい。
ちゃんと相談して使おうとするととても高額。
薬=悪いもの というような雰囲気。

ホメオパシーの学校が、札幌にもあるのですね。
そこにファーマシー(っていうのかな?売店?)もあるようなので、一度のぞいてみようかなあ…

私も産後ずっと続いている体調不良に、
「これで医者とさよならできました」みたいな言葉にとっても魅力を感じてしまうこの頃です。
それは玄米菜食だったり、
雑穀食だったり、
気功だったり、
キネシオロジーだったり、
ホメオパシーだったりします。

そして、私もバリバリミルク育ち、予防接種も全部受けていますが…それでもこうして生きて、幸せも感じているし、頑張れてもいる、そのことにもっと感謝したい、もっと安心したい、という思い、とても共感できます。

予防接種、私は何も調べないままに子に摂取させてしまいました。アトピー・アレルギーの原因にもなるって。まあどうしましょう。知れば怖くなることって、たくさんありますねえ。でも、怖くても、知った上で、ローズバドさんが日記に書かれていたように「見極める」ことが大事なんでしょうね。偏りすぎても、狭くなる。難しいです。元々視野狭窄気味なのに!

そして、ホメオパシーのあの細かさ、難しそうな雰囲気!はまっちゃったら大変だ~、私の好きそうな雰囲気むんむんしてる~、お金いくらあっても足り無そう~って思いました(笑)

それからそれから、次の日記の「感情の解放」について。溜め込んできたネガティブな感情は、感じで解放しない限り、それに縛られてしまう…ということはなんとなく理解できているんですが、それを「解放する」段階になると、モー難しくてお手上げです。セラピストさんも「実際はかなり難しいことです」と言っていました。
でも、とても大事なことですよね。潜在意識にある感情なんて、普段なかなか感じられない。時々自分の感情の流れが全く理解できなくて、途方に暮れることがあります。怒りだったり、不安だったり、悲しみだったり。どこからくるのか?根っこはなんなんだろう?とても興味があるんです。解放してあげたい。でも、こちらもセラピーを受けるにはお金が必要~

何を学ぶにも、お金が要りますネエ!
今そのお金が無いってことは、今はそれを学ぶ「とき」じゃないってことかな(笑)!?
今月、キネシオロジーのセミナーに参加する予定なんです。またご報告致しますね。

だらだらと長文ですみません。
咳こんこんしながらお手紙のつもりで書きました^^

それではまた☆おやすみなさい

投稿: ようかん | 2007年6月 2日 (土) 23時08分

コメントありがと~ しかもこんな長い、無意味に長い記事に・・・いつもありがとう。

散々書いてよく分かったのは、
薬を飲むこと、西洋医学的な「治癒」に、罪悪感と恐怖感を抱いていたということでした。

ちょっと違うけど、「楽しちゃいけない」みたいな感覚がどこかにあるような気がする。
そんなにラクに手には入らないだろ、みたいな。

けれど、考えなくていい方向を求めることは大有り、見たいな考え方を、とある後輩から示してもらって、それもそうだとも思いました。


出産、育児をすると 本当に、本当に、今まで存在すら気づかなかった考え方や世界が見えてきて、
魅せられてしまうような気がしない?

これが本質なんだ。
これが魂なんだ。
これがあるがままにということなんだ。

みたいな・・・

それは本当に大切で共通の本質であるように感じるけど、
車輪として走るにはやっぱ両輪必要なのかも名と感じるのです。


なにかで前に書いたかな、「これさえあればもう大丈夫」的なものは、やはり、・・・・難しいのかもしれないですね。

産後の体調不良、分かります・・・
というか、実は妊娠前から抱えていた体の不調、
それまでは、なんか人に言えないような感じがしていたり、自分でもさして大事に取り上げてこなかった気もする。
気づいた以上、この苦しいカラダの状態との付き合いを子供にはさせたくなくなるしね。

予防接種についても、もうよくわかりません。
というか、混乱するのがイヤで、本も読んでない・・・
まさしく巷にあふれる、あらゆる角度からの立場からの情報に対して、いやーほんきでどう付き合えばいいのかなって思うよね。


いろんな意味で、私たちは本当に良く生き抜いてきたなあってアマアマなことを思ってしまいます。
粉ミルクを皮切りに、薬、大気、水、種々さまざまな厳しい環境、階級&競争社会で気づかないうちに傷ついてきてたり、母親になったらなったで、さらに抑圧とかand more more mor・・・・
本当に良く生きてきた。
カラダにいいこと、自然なやり方というのを知ると、もしかしたらそんな風に生きてきたことに対して、恐怖心とか不安とかばばっとでてしまうのかもしれない。

でも、いまこの瞬間、最善を知ろうと、尽くそうとしていたりすることも確かなんですよね・・・

ホメオパシーを体験してみるのもいいかもしれないですね、一人より、分かち合う仲間がいたほうが心強いように感じます。もしくは専門家と共に。
しかし専門家というのもまたいろいろありますから・・・は~ 難しい。

キネシオロジーというのも良く見かけますね。
どんなものなのか知りたいです。
ぜひどんなのだったか教えてね。


感情の解放・・・・自分で気づくことって
ほぉんとぉに 難しいと思う・・・
これも一人じゃ難しいですよね。
たとえばカウンセリングを受けるとか、わたしは話を聴きあうという方法を知ったりしましたが、
何も波風のないところで手がかりを掴むのは難しいと思う。
「なんで」「どうして」「うまくいかない」「イライラする」「腹が立つ」「苦手」「会いたくない」
まあまあいろいろな感情が、煮えたぎることがあるとしたら、
そういうことがないと、なかなかほんとの本との自分の気持ちやパターンってあることにすら気づけないと思うのです。

子育てはそういう意味では、常に逆撫でされる状態で、めちゃくちゃ毎日いやな気持ちにさせられ(うそ。自分がそういう気持ちを感じているだけ)、ささくれだって、とげとげしている・・・
でも、ささくれやとげに引っかかるからこそ、チャンスのような気も、するのです。


せっかくお手紙いただいたのに、
また今 睡魔に襲われてて、書いてることが支離滅裂になって着ました・・・

またもや無意味に長いばかりで、ちゃんとお返事になってるかどうか、とっても心配です。
「ちょっとちょっと、濃すぎて、受け止められない」と感じたら、止めてくださいね。
押し付けになってないか、すんごい心配です。

投稿: ろーずばど | 2007年6月 4日 (月) 16時47分

はじめまして。
ホメオパシーで、検索してこちらに来ました~。
私も、最初キットを購入して本や体験談などで、対処していましたが、どうにもこうにも、自信がもてない。。
すごくヒットした!という実感があることが、少なくでも、確実にそのことが、複雑に、なっていってはいないんだけど…このレメディでいいのかな??みたいな。

今すぐ、困っているという事柄が、ど~んとあったわけではないので、相談会に行くにも、尻込みしてしまい。。
とりあえず、セミナーに行こう!と思うまでにも、とっても時間がかかり、行ったら行ったで、疑問が解消される部分と、じゃあこういう時は?とか別の疑問や不安が出てくるし。

ホント、これがあれば、大丈夫なんてものは、ないよね~。
あるとすれば、「自分自身」なのかな~。
でもそれさえも、自分が決めたことなのか、知らぬ間に誰かにそう思わされていることなのか。。
考えれば考えるほど、わからなくなる。

自分の内側から出てくる言葉を、みんなとつながってシェアできること。
そんなことが、簡単に出来る自分になりたい。

って思います。だから、ろーずばどさんは、気持ちを表現しているのは、とてもすごいことだと思います。

また、来させて下さい!失礼しました。

投稿: ayu♪ | 2007年6月18日 (月) 18時54分

ayu♪さんへ

コメントをありがとうございます!!

しかもこんなにだらだら長い日記を、最後まで読んでくださってありがとう。

ホメオパシーを利用されているんですね。
独学でやるには、やっぱり相当難しいです・・・
それに、誰かとシェアしていかないと、凄く視野が狭くなって、不安が倍増したり、
なかなか難しいです。

自分が考えていること感じていること、
それすらも、もしかしたら「そう思わされているのかも」
そういう感じ、とてもよくわかります~~。

そういうときに、「本来なら」「ほんとなら」
「本当は」・・・・・
を思ってみると、それが人の本質なんだよ、って教えてもらったことがありまして、

私はどうも、「人の本質は善」とおもっているようなのですけど、

いろいろなものの感じ方をする人が集まっての世の中ですものね。


>自分の内側から出てくる言葉を、みんなとつながってシェアできること。
>そんなことが、簡単に出来る自分になりたい。

素敵なコメント、ほんとにうれしいです。
分かち合いたいですよね(^^)

なんだかうまく表現できませんでしたが、
この日記にコメントくださったことが本当にうれしいです(めちゃくちゃ濃い日記だったので・・・)

また良かったら見に来てくださいね~
今週末辺りからまた更新します(^^)

投稿: ろーずばど | 2007年6月20日 (水) 09時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お医者さんとホメオパシーと:

« 授乳の傷に | トップページ | 解放された感情 »