災害時においても母乳育児を

母乳育児仲間からコピペさせていただきます。

被災されたみなさまにお見舞いを申し上げます。

乳幼児を抱えて避難されたお母さんも多いと思い、
母乳育児を続けることの大切さ、諦める必要はないことをお伝えしたく、
目に留まるかはわかりませんが、記事にアップします。


★★★地震や水害にあった母乳育児中のお母さんへ★★★


○母乳育児中のお母さんは母乳育児を続けましょう
 
このような状況で母乳育児を続けることはとても重要です。
母乳育児は赤ちゃんの命を救います。
母乳育児は完全無欠の栄養を赤ちゃんに与えます。
さらに、母乳の中の感染防御因子が、非常事態で流行する可能性のある下痢や呼吸器感染から赤ちゃんを守ります。
一方、安全な水や、お湯を沸かす燃料のない場所での人工乳の使用は、栄養不良、疾病、乳児死亡のリスクを高めます。
母乳育児を続けることで、お母さんも子どもも慰められ、心の支えが得られます。


○ストレスで母乳が干上がることはありません!
 
極度のストレスや恐怖で一時的に母乳の出が悪くなることはあっても、それは一過性のものです。
母乳育児をすると、お母さんも子どもも落ち着き、
実際に緊張が和らぐようなホルモンがつくられるという医学的根拠が証明されつつあります。
一時的に出が悪くなっても、赤ちゃんが欲しがるたびに欲しがるだけあげているとまた母乳は出てくるようになります。


○栄養状態のよくないお母さんの母乳にも、完全な栄養が含まれています!

母乳の栄養はいつでも完全です。
お母さんが深刻な栄養失調にかかったときのみ、母乳の量が減ります。
とはいえ、災害時は授乳中のお母さんが十分な栄養をとれるよう、人工乳の配給よりも、
お母さんのための食べ物や飲み物を優先的に確保するようにしましょう。
お母さん自身が少しでも体を休めてリラックスし、きちんと食べて十分な水分を取るように気をつければ、
母乳の出をよくすることができます。


○下痢の赤ちゃんでも母乳は続けられます!
 
母乳の中には免疫が含まれています。
母乳で育てられていて、極度に下痢をしている赤ちゃんで、脱水症状がある場合は、医療を受ける必要があります。
その場合も、母乳育児はやめたり減らしたりするべきではありません。
非常事態では水が汚染されることが多く、哺乳びんやおしゃぶりも汚染されていることが多いので、注意が必要です。
母乳だけで育っている赤ちゃんにおしゃぶりは必要ありません。


○一度は母乳育児をあきらめた人も、必ず再開できます!
 
母乳復帰の方法を用いれば、お母さんが母乳育児を再開することは可能です。
母乳復帰をすれば、非常事態において、生命を救う栄養と免疫面での恩恵が得られます。
これまで混合で、人工乳をたくさん飲ませていたお母さんも、
授乳の回数を増やし、赤ちゃんに何度も吸ってもらうようにすれば、母乳の量を増やすことができま、母乳の量を増やすことができます。


○母乳が足りないのではないかと思ったら、便や尿を確認しましょう
 
月満ちて生まれた健康な赤ちゃんは、生後3,4日ころから1日に6−8回の尿をします。
(紙おむつなら5−6枚)。
生後6−8週間くらいまでは、1日に3−5回の便がでます。
欲しがるだけ欲しがるたびに乳房を含ませましょう。
新生児は1日8ー12回飲むのが平均ですが、もっと飲む赤ちゃんもいます。
赤ちゃんが欲しがるたびに授乳できていて、赤ちゃんの肌の色つやがよく手足をよく動かしていて、
いつものように便や尿が出ていれば大丈夫です。


--------------------------------------------------------------------------------

2004年10月30日作成:
■■災害時の母と子の育児支援 共同特別委員会■■
   ★日本ラクテーション・コンサルタント協会 (JALC)
   ★ラ・レーチェ・リーグ(LLL)日本
   ★母乳育児支援ネットワーク日本(BSNJapan)
●なお、日本ラクテーション・コンサルタント協会とラ・レーチェリーグ日本では、
被災された方のために無料で母乳育児相談に乗っています。

■■問い合わせ■■
(援助者向き):contact@jalc-net.jp(日本ラクテーション・コンサルタント協会)
(被災されたお母さん専用):hisai_support@llljapan.com(ラ・レーチェ・リーグ日本)

参考資料:
WABA:「グローバル化」時代の母乳育児 2003年
BFHIニュース、ユニセフ 1999年9月/10月
WHO/ユニセフ「乳幼児の栄養に関する世界的な戦略」2003年(2004年訳)ラ・レーチェ・リーグ・インターナショナル「月満ちて生まれた健康な母乳育ちの赤ちゃんが、母乳がたりているかどうかを見分ける方法」(2003年改訳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知りたいこと

本当はなんだったんだろう。

マンガを読んでた訳。

学生時代、夜な夜な長電話していたのはなぜだろう。

SNSでのやり取りにはまっている今、
それがなかった昔々はそれをどうしていたのだろう。

SNSで得られる気持ちをどうして得ていたのだろう。


マンガ、ネット、読書、絵を描く、飲みに行く、ショッピングモールやデパートに行く、古本屋のはしご、
仕事帰りのコンビニ、年に一度の一人旅、
オリエンテーリングの仲間と飲みに行く、たまに参加するオリエンテーリングの大会や運営、
登山、


合宿、大会遠征、練習会、バイト、生協でのバイト、男と会う、市民劇場の観劇、聖書研究、日曜夕拝、
生協機関誌の記事書き、編集、印刷、学生委員でのソフトボール大会、
保健室での相談、友達の家でご馳走になるご飯、おしゃべり、
研究室で過ごす時間、トレーニングで走る、
演劇サークルでの一ヶ月間、


高校の授業、部活、通学でのおしゃべり、
大会参加、定例会参加、家でテレビ、翌日の予習、音楽を聞く時間、
長電話、
母の見舞い、少し家事、料理、自分のブラウスのアイロンかけ、上履き洗い、買い物…
高連仲間との活動、受験のための勉強、受験、


中学校の授業に部活、土日は何してたっけ?
家でテレビ、年末年始の家の手伝い、
夏の家族旅行、家族で出かける?
父の山の会旅行、

小学校の授業、登下校、放課後、友達のうちで遊ぶ、
家にいるときは?
犬の散歩、弟のゲームを見る、テレビを見る、


何をしてたっけ?


いま、してないことはなんだろう?
昔、知りたかったことってどうしてたんだろう?


暇つぶし
じゃなかったことって何だったかな?


笑いってどんなときに出る?
何故笑う?
小さな子を見るとなぜ微笑む?

悪意のない笑いは何故出る?
緊張して出る笑い、
恐怖で出る笑い、
嫌われないための笑い、
不満を隠す笑い、
余裕を演じる笑い、

そもそもどんなときに笑ってるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見直し時

もう一つのblog、

書きにくいったらありゃしないこの数カ月…


人の日記・記事へのコメントで自分のあれこれをつづるのは、

大ありだと思っていたが


毎回毎回毎回毎回って

耐えられないことに気付いた。

しかもそんなに親しかったっけ〜…と

友達登録するに至る経緯もすんなりではなかったし
公開人数が増えたのも難ありだったかもだし
手に負えない人数になっていたかもだし


いやしかし予想外のタイプ。

初めは散々心の中で相手を責めたけど 解決する訳ないので

どうしたらいいか考えてる。


一、相手に伝える(何をだ?)
ニ、気付くよう仕向ける(性にあわない…)
三、我が身を省みる(類友・波長の法則)


ネット依存だってことを認め、SNS依存だと認め、
何でblog、記事書いてるのか、これからどう使うのか、
考えてみたいと思ってる。


自分の問題である時と、
相手の問題である時とある気がするが

両方の場合が多いかなとも思う。


勝手にぶつけて来んなよなぁ、って正直思う。

今までうまくいってたんだなあ。
空気読めよ、な思いもあるかなあ。

いずれにせよ

そういうスタンスの人と自分の大事なblogを共有するのは
今すごーく難しい。

でも自分の使い方も省みるきっかけってことで


三の後、一 で解決できたらいいかなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妬み?嫉み?

子育てが
綺麗 しあわせ キラキラ
だけで出来ている人がキライ 気持ち悪い


嫉みだなあ。妬みだなあ。

もっと苦労しろよ!
と言うはた迷惑な上から目線な思いがいまだに暗く私に巣くう…

やだなあ。


そのうち削除かも…ブラック過ぎ(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揺れる

萩の影が揺れてた

細かく楕円の丸い葉の影が
ちらちら陽を通しながら
揺れる光景は見ていて飽きない

私は揺れるものにひかれるのかも知れない

気持ちも考えも
もしかしたら立場も心の真ん中も揺れながらいるような気もする。


そうやってバランスをとっている気がしている。

カーネーションの音楽が好きなのも、そういう揺れを感じるからかも。

でも揺れる反面、確かな何かも強く感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにやっちまった

ここ数ヶ月、息子を叩くのは止めようって決めて、実行できてた。

それは、「私も昔、母親に叩かれていたんだ」ってはっきり認識してからだった。

もちろん虐待とかではないのだけれど、

頬をぱしーんと思いっきりやられたことが何度か、

頭をぶたれたことはたぶん何度も、

打たれたときの感覚が残っているのがなまなましいのだけれど・・・・

でも日常的にやられていたわけではなかったので、

誰かにこのことについて、聞いてもらう必要はないと思い込んでいた。

そして、私が息子を叩いてしまうのは、いけないとは思っていても、

我慢が出来なくなってしまっているからだって思っていた。

だけどいくら言うことを聞かないからといって、叩いて止めさせるという方法をとるって言うことを、

思いつくもんだろうかね。

今日、なんか雰囲気やばいぞという展開になった。

朝食後、娘が泣き始めた。

私は歯磨きをしていて、洗面所の壁の影にいたので、

居間の様子はわからない場所にいたとき。

最近の息子は私が見ていないとわかるといろいろなことをする。

たとえ居間にいようと、後ろを向いているとかほかの事に夢中になっているとか、

そんなときには何かしかやらかしてくれる。

「隠れて」「こっそり」が、もうこの上なく許せない。

追求したときに「隠して」「うそをつく」なんて、完全に地雷を踏まれた感じがする。

そして「うそをついていたことが明るみになる」と、ぶっちんと何かがきれてしまう。

そして問い詰め開始・・・

あまりの恐怖で当然息子は言葉が出せなくなり、

だけど怖いと感じているので、声が出てくる。

鼻をならすような、甘ったれたような声、

ここにどうもものすごい何か傷というか、ものすごいスイッチがあるようだと、

本日気付いた・・・・

あれだけ、頭の中では何度も叩く映像があっても実際の手は動かなかったのに、

言葉で、叩きのめしてやりたいほど腹が立つよ、ということでなんとか逃れていたのに、

今日は、ひっぱたいてやる!という気持ちをしっかり掴んで逃さずにしておけなかった。

手を離してしまって、息子にその気持ちが噛み付いていった。

私は二度も息子の顔を叩いて、しかも何度も突き飛ばし、何度か蹴っ飛ばしてしまった。

息子もちろん号泣。

今日の感情の嵐のすごさと言ったら、本当に凄くて、

完全に飲み込まれてしまって、波が引いた後の放心状態も長くて、

本当に久しぶりに一日棒に振ってしまった。

つまらないことだったの。いつもの通り。

娘の顔にちょっかい出して、つまり妹をちょこっと泣かしたんだな。

それを、「おかあさん、あーちゃん泣いてるー」と、勝手に泣いたみたいな言い方でなぜか報告してきたのだった。

妹たちが泣いていると教えるんだけど、(なんでかな)泣かしたのをなぜか報告・・・

それをを問い詰めたことから、やばい雰囲気になり始めたのだった・・・

仲直りは出来たのだけど、問題ばかりが残って・・・

土日、一人で息子+双子の娘と過ごすのは、無理なの。

ベビーシッターだって頼んだら双子の場合は大抵二人つきますって言われる。

プロがやる時だって二人必要なのに、ずっと一人だ。

いやずっとじゃないけどさ・・・

夕べから、明日どうしようどうしよう、どうやって過ごそうって頭を悩ませてた。

どうしたって、家にいたら息子の一挙手一投足に目が行って、

否定してしかって・・・というより、なんだかわかんないけど、

とにかく気に入らなくて、否定したくなる。

言い訳だけど、実際、ほんとにわずらわしい限りのことばかりしているように思えるのだけども・・・

わずらわしい、もーほんとにわずらわしい。

これ以上堂しろっていうのって思う。

朝昼晩とおやつ出すだけでいっぱいなんだけどなあ・・・

話しかけてこないでほしいんだよなあ・・・

話したくないんだもの、もううっとうしいんだもの、双子の乳児がいるだけで、

十分それだけで一日は過ぎていくんだ・・・・

私には、そこから解放しされて自由にならなくちゃいけない傷がある。

傷は私のせいではないけれど、確かに人を傷つけるパターンになってしまった傷がある。

わかっている以上は、それを他人にぶつけるやり方をやめるようにしたらいいんだ。

やっているつもりなんだけど。

でも傷つけちゃう。

毎日の出来事に、追いついていかない。

飲み込まれちゃう。

一気に振り出しに戻っちゃった感じがして、今日はかなり元気なくした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしよう~

ある人からある音源をもらった。

それはそれは幻のような夢のようなありえないものだった・・・・

なぜって

それは

未発売のはずの ライヴ音源だったから

なの~(><)

ちょこっとネットで調べたら 割とそういうのしている人もいるみたいで

アーティストのほうも、「ま、そういう人もいるでしょ」「なんならその音源くださいプリーズ」くらいのスタンスの人もいるみたい

なんだけど

そういうの  ってなにかというと

ライヴでの音声隠し録どり です。

なんかドキドキするよ~

悪いことしてるみたいで~

それがね スタッフに知り合いがいたりとかで デモ版とか なんていうの何とかボード版ていうの とか

まあそんなんだったら「わー ラッキー」って思うんだけど

ライヴ会場で客席から録音って なんだかアーティストさんご本人に悪いような気がして

心配なのよ~

あーん どうしよう

もちろん自分も行ったことのあるライヴだったりとかして

聞いてうれしいような気もするんだけど

なんか複雑なの

音もなんかある意味臨場感のある、アナログチックな音質で・・・

あわわわわわわわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりうまい話ってないんだね

いやー、だまされました。

だまされたって言うか。

見事にアフィリエイト商材で、損した私です。

去年の夏から妊娠で体調不良になって、あんまりそっちには気持ちが向いていなかったので

ほんとに今日の今日届いた一通のメールで事情を知ったのでしたが。

そう、

人生に絶対なんてない。

そうだよねえ。

さらにいうなら、

「生涯にわたって」

のサポートなんて、

いまどき、生命保険会社ですら危ういわけ。

八万円、

もろもろ含めて、10万近いかなあ。

以前、ライブドアの事件のときに、ミニ株で損失をかぶった人が多発した件

ほんとに、私は自分が「金儲けネタ」の当事者になるとは思ってなかったんだよね。

私が買ったアフィリエイト商材、

同じ「母親」であるステキだなあと思うサイトや活動、事業をしている人のメール講座でも紹介されていて、

それで信用が深まったというのも実はあって

皆にとって迷惑にならず、アフィリエイトができる っていうのがとっても気に入って

よし!!がんばってHP作ってお金も稼ごう!!

なんつって買ったわけです・・・あるお正月にね。

ところが今日ちょこっとネットで検索してみただけでも、

私が買った商材で紹介されていたノウハウは、検索エンジン側でも厳しくチェックが入っているみたいな、

「スパム」扱いされている方法でもあったらしいのでした。

もーあまりに初心者で知識がなくてこんな書き方していること自体が恥かしいのですが

私にとっては、一日に何通も届いていたまさに「スパムメール」に近いことを自分がやろうとしていたのかと思うと

もう愕然

旦那さんになんていいましょうかね・・・

まあ自分のお金だからね・・・・

こういうのって一度や二度、何かしら「うわ~ 損した!!!」っていう経験をしている友人も結構居て、

それは保育士の資格を取るための通信教材だったり

絵を買っただとか

布団を買っただとか

私は本当にコレまでその手のことにほんっとうに慎重派でローンを組むことだっていつも相当慎重で

いっときはクレジットカードのリボ払いでエライ損したわ!!みたいな時期が合ったけど

地味でもいいからもう一度ここらで気を引き締めよう

親から何度も言われてきたこと、

「ローンは組むな!!」

「他人様とお金の貸し借りはするな!!立て替えてもらったお金はすぐに返しなさい!!

貸したお金は返ってくると思うな!!」

を今一度実践したい気分です。

とほほほほ~ 

あーマジでとほほだわ!!

痛手が軟らかいのは、商材購入から実に丸二年も経過していて、

「結局買ってもやってないよなあ私・・・(笑)」

見たいな気持ちで居たからなのでした。

まあいい機会だから、アフィリエイトの「王道」を学んで見ましょうか。

そして、その商材で展開されていたHP作成に当たっての説明に納得できていなかったので、

それを納得いくものを作ってみようかな。

↑これね、図書館とか本屋さんで、「コレをテーマにHP作ろう」と決めたら、そのテーマの本を一冊手に入れて、内容は同じでいいから言い回しを変えて作ろう、とか

ほかのHPの文章を丸ごと転載はダメだから文章代えて作りましょうとか説明されているものでした。

今でも私は売っていた人を丸ごとにくたらしいとはおもえないのだけど、

このHPのことだけは、どうも納得行かなくて

マニアックな私の正確には結局合わなくて、HPのコンテンツつくりが難航してて、

アフィリエイトのメールサポートを受ける段階にまでたどり着いていなかったんだよね。

ほんと、ゆっくり、自分の興味ある内容でHP作って、

その内容を見た人が、それに関連ある、ステキな商品を買って、

生活にゆとりが出たり楽しんだりできて

それで多少収入ある 程度を目指すところから もう一度やるかな

うまい話ってないんだねえ。

夫にカミングアウトしてしまおう。黙っているのがつらい性質(笑)

ということで、もしもこのブログにお立ち寄りしていただいた方がいらっしゃいましたら

うまい話はやっぱりないもんです!!

気をつけて、お金はやっぱり地道に真っ当に稼ぎましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の時代でよかったこと

それはもう久しぶりの更新です。

というのも。

なんかえらく強烈な書き込みを読んでしまって、げんなりしちゃって、ここで吐き出そうと・・・

私はかわいい二卵性の双子のむすめを授かったけど、

これ、本当に今の時代でよかったなあと思ったのだった。

昔なら、私のじいちゃんばあちゃんの時代なら、

今からなかなか想像が難しいような偏見が「双子」にはあったみたいなので。

それもえらく意味のない、ほんと迷信というか、なんというか・・・・

あー気持ち悪い。

どんな内容の書き込みをどこの掲示板で見たのかは書かないけれど、

 だってもうあまりにも気持ち悪くて吐きそう~、腹も立つし、なんか怖いし、

堂々と、そんな迷信に傷つけられることの少ない今の時代の双子でよかった!!

今の時代、って、難しいこと、がっかりしちゃうこといっぱいなんだけど、

女性がその昔より、本来の価値を認められやすい時代であることは確かだし。

いやーよかったよかった。

本当にあの書き込みは怖かった。

そしてそんな体験をした、書き込みした人の心中を思うと切なくて胸が痛い。

本当に胸が痛い。

もちろん・・・今の時代だって、えらく無神経なことを双子の母に投げかける人はいる。

何か治療してたの?という質問とか。定番だけど。

私はこの質問には冷静に、あんまり引っかからずに答えられるけど、

いやに感じている人はたくさんいる。

年子よりラクよ。 だの

一度に済んでいいわね。 だの

二人でお母さん取りっこになるんだね。だの

言われたほうの身になって見ろってんだ。

双子の母乳育児だって、まず大抵は「二人分は足りないわよね」と当たり前に言われる。

私自身は粉ミルクも使っているから、うそではないけど、

母乳の本当のことを知らない人が多すぎ。

「双子で母乳ならまず枯渇するんだから」なんか思い出したらムカついてきた。

確かに双子の母乳育児は大変だし努力も必要だし、お母さんのおかれた環境も大きく左右すると思うよ。

でも、可能性というか、原則というかさ・・・

知らなさ過ぎなんだよ!!!!

と吠えてやりたい!!!

話がだいぶそれた。

でも、今の時代でよかったのだ。本とにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しんどい

こちらの日記もずいぶん間が開いてしまった。

いつの間にかもう妊娠33週の真ん中。よく持っているなあと思う・・・。

多胎妊娠ってなかなか安心できる材料が少ない日々だなあとも思う。

安心させてもらえないというのが正直な感想、被害妄想ではなく。

実際いろいろと難しいことやリスクが高いのも本当のところだろうけど。

まず体がしんどい。この数日、毎日夕方吐いてしまう。胃が圧迫される妊娠後期のつわり状態ってこのことかあ・・・と実感。

寝返りがしんどい。

台所に立っているのがしんどい。シンクに対してまっすぐ立つのが難しい。お腹がつっかえるので(^^;

甘いもの食べると後味がとっても悪い。

そして精神的にしんどい・・・

いつ出るの~?今の破水?今の出血?ぎゃ~お腹ぎゅうぎゅうに張ってるよ(TT)

アア今日も無事に一日終わった・・・

アア今日も無事に朝が来た~・・・・

逆子なおるの~?なおらないの~?

そして息子との関係だぁ。

もう勘弁して!!!と毎日思う未熟な母。誰かに電話して聞いてもらえばいいのに、その電話の受話器をとるのが面倒、億劫。

全部に腹が立つ。

旦那がいる日の息子のわがまま?発散?聞いていられない。

なんなんだあの言いたい放題。

そんでなんで私には言われっぱなしで妙に神妙なんだよ。その態度の差がむかつく。

なぜむかつくのかといえば、

旦那には気を許していて、母の私に対してはおびえの感情しかないに違いないと自分で自分を断罪しているから。

で、結局、旦那に対しての態度が本音なんだべや、と思ってしまうのでさらに腹が立つ。

4歳児にひどいこと要求してるよなあと思うけど、

自分が小さいとき、こんなに言いたい放題やれたか?とか、

もう少し我慢してなかったか?とか思うとまったく腹立たしい。

子供っていいよなあ・・・なんかつったらすぐ抱っこしてもらって泣いて許してもらって何度も何度も間違うわ同じこと繰り返すわ反省しなくてもそんなもんだといってもらえるわ

気に入らないことはやらない、を貫いても許されるし
やりたくないからやらない、を貫いて許される

自分はすごいでしょ、すごいでしょ、上手でしょって あーもういい加減腹が立つわ。

言われたことしかやれないくせに、言われてもやらなくて、

毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日、

同じことを繰り返してるっつうのに、学習しやがれバカ。

言われないでもやれよボケ。

自分で考えて動けよ。

と、同じことをかつて同期入社の事務の女子にカリカリしていたことがあったなあ。

アア損な性格。

自分のどこかにふかーい傷があるんだろう。

それをものすごく刺激される上に気分転換できない状況。

自分の自由がどうしようもない物理的な理由で制限されてて、

そうなのだあ、普段以上にいろいろ制限されている中で再刺激を受けるのは本当につらい・・・

こんなときこそ聞きあうことが必要なんだけど

妊娠・出産のときっていろいろ感じやすくなっていたり思い出しやすくなっていたり、

なにか「放出」するのには本当に良い時期なのだそうな。

そうだそうだいい時期だからぜひともこの不満爆発を自分に対する再評価につなげたいもんだ・・・

いやーそれにしてもすべてが億劫

そして何の意味もない、というか何も生み出さない罪悪感にも襲われ、

さらにひどいのはこんな気分にさせる周り(息子とだんな)が悪いといいたくて仕方ない。

早くからだが軽くなってほしいと思うけど

そうなったらこの先20年くらい続く二人の娘との日々が今度は始まるわけだ、

いやー。

いやあー。

逃げたい・・・

頼むから静かにしてくれよよ。

三連休のこの三日、旦那のヘルプは真ん中一日だけ、

休ませろ~会社~、だんなを休ませろ~。

三人目生んだら何かドカンと補助出せ~。

二人の人間から三人生まれないと人口増えないんだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«知ってること知らないこと